働きやすい
職場環境づくり

働きやすい職場環境づくり

ワークライフバランス

社員一人ひとりの「仕事・家庭・生活」を両立させ能力・個性を活かせる職場環境づくり

私たちプロトソリューションは、仕事と生活の調和を実現するための職場環境づくりに積極的に取り組んでいます。その取り組みが評価され、2011年11月に沖縄県よりワーク・ライフ・バランス企業に認証されました。

ワーク・ライフ・バランス認証企業
くるみん認定
くるみん認定
私たちは子育てサポート企業として、家庭と仕事を両立させるための育児支援を推進します。「くるみん」は、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けた証です。
仕事と介護の両立支援
仕事と介護の両立支援
私たちは厚生労働省が推奨する仕事と介護を両立できる職場環境の整備促進に取り組んでいます。

取り組み

  • ・職業家庭両立推進者の選任
  • ・女性社員の育児休業取得推進(東京支社含む)
  • ・育児休業中の代替要員の確保、業務内容・業務体制の見直し
  • ・育児休業後の職場復帰推進(自己都合退職を除く)
  • ・休業直前の部署、業務内容、待遇での復職推進
  • ・年次有給休暇取得推進
  • ・産休前・復帰前面談推進(シスター面談制度)※仮
  • ・いつでも年次有給休暇が取得できるような業務体制と人員配置、他
実績

実績

創設以来、107名の社員が産休・育児休暇を取得しました

2016年1月1日現在

女性社員の育児休業取得率
100%東京支社含む
育児休業後の職場復帰率
100%自己都合退職を除く
男性社員の育児休暇取得
2名
有給休暇取得数向上
54%

STAFF VOICE

M・Tさん
改めて働くことの楽しさを実感
M・Tさん

M・Tさん

2010年11月に第1子を出産し、8ヶ月育児休暇取得しました。その後2年間の勤務を経て、さらに2013年10月に第2子を出産、7ヶ月育児休暇を取得しました。

営業職の私は日ごろお客様・現場・その他幅広くアンテナを立てる毎日を過ごしていましたので、育児休暇中は、自分のこと、家族のことを見つめ、ゆったりと過ごしました。
特に第2子を出産した前後は、1歳になる前に保育所に入ってもらった第1子とたくさんコミュニケーションをとることができ、彼女の心の成長に役立ったように思います。

私は新卒で入社してから、育児休暇のように長い期間、勤務しないということがなかったので、育児休暇を取得する際は、自分のモチベーションや育児との両立に不安がありましたが、会社、部署メンバーの協力のおかげで、復帰前と同じように活躍の場をいただいています。
育児休暇のおかげで、改めて働くことの楽しさを実感できたように思います。

A・Tさん
毎日忙しいですが充実しています!
A・Tさん

A・Tさん

私は2013年10月に長女を出産し、産休・育休で約1年間の休暇を取得しました。
長期間仕事を離れる事が初めてで、担当していた業務が気掛かりでしたが、部署の皆さんが温かく送り出して下さり、安心して産休に入る事が出来ました。
お休みを頂いていた間は、初めての育児に戸惑い奮闘しながらも、毎日成長する娘との楽しい時間を過ごす事が出来ました。

職場復帰するに当たり、何より仕事・育児・家事の両立が出来るのだろうかと、とても不安でした。いざ復帰してみると、毎日忙しい中ですがとても充実した毎日を過ごさせて頂いています。会社の皆さんと家族に様々なサポートをして頂いて、娘も私も元気に楽しく充実した毎日を過ごせており、感謝の気持ちでいっぱいです。
安心して産休・育休を取得でき、復帰後も働き続ける事が出来る環境をとてもありがたく思っています。
これからも仕事と育児をとにかく楽しんで、精一杯頑張っていこうと思います!

Y・Mさん
男性社員に勧めていきたい
Y・Mさん

Y・Mさん

第2子出産時に育児休暇を取得致しました。育児休暇取得前には仕事をしっかりとやり遂げ、周りのスタッフの協力もあり弊害もなく育児休暇に入ることができました。
育児休暇を取得したことで長男との触れ合う時間が増え、第2子の検診の時にも家族サポートもできたことでコミニュケーションも増えたように思います。

男性の育児休暇は日本全体で見てもまだまだ低く、現実的に仕事における業務量の多さによって育児休暇を取得しづらいですが、家庭を充実させる事で業務効率もあがり、結果いい方向に進むと思います。今後も男性社員に勧めていきたいと思います。

ページトップへ戻る