車両動画制作チーム車両動画制作チーム

月間15本を撮影 “感覚”を伝える動画作り

クルマ購入の際、情報収集の主流となっている車両紹介動画。
動画コンテンツで求められる動画ならではの情報を、ユーザーの立場になって撮影に挑む動画制作チーム。
今回は動画カメラマンであるKouichiさんにインタビューしてみました!

Kouichiさん
Kouichiさんクルマ紹介動画制作を担う動画カメラマン。
毎月15台の車両動画を撮影。ディレクションから撮影、校正・納品までをこなすマルチカメラマン。

動画カメラマンになったきっかけを教えてください

Kouichiさん もともとは誌面制作の品質管理や社内報制作のディレクションをしていました。
社内で、車両紹介動画を撮るぞ!となって初めに担当されていたカメラマンのアシスタントとして撮影補助を始めたことが、動画チームへ異動するきっかけだったと思います。
例えば、メッキパーツやミラーなどは、撮影者の顔が反射して映り込まないようにしたり、見やすいアングルを考えたり、ただ撮るのではなくスト-リーを構成したりと、どういう風に撮影したらユーザーに伝わるか?といったことを考えながら撮影の楽しさを覚えていきました。

スタッフトークイメージ1

動画コンテンツでは何が求められるのでしょう? 誌面制作との違い、動画ならではの良さなど

Kouichiさん 誌面との違いは、ユーザーが知りたい情報を被写体の動きや音を上手く使って伝えることかと思います。
クルマの場合だと、シフトレバーの動きが軽いとか、エンジン音であったりとかがユーザーにダイレクトに伝わる。そういった“感覚”を伝えることが出来るのが動画ならではの良さですね。

※撮影の様子。「○○撮ります」という合図で各部位を撮影。これは後の工程で動画編集者のために役立ちます。

スタッフトークイメージ2

クルマ紹介の動画を楽しく観れるよう工夫されていたりするのですか?

Kouichiさん 後工程の編集をイメージして撮影しています。
例えば、テロップやワイプを入れるだろうと思われる場所には不要な映像を入れないように撮影するとか。
また、楽しさというよりは「品質」「正確性」といったところに重点を置いています。
最近は一般の方でも編集を上手く使って、テンポの良い動画が沢山アップされていますが、あれってすごく見やすくて、短い時間で要点を伝える方法としては効果的だと思います。観ていても飽きないですしね。
ただ、僕らが作る動画は車両の情報を正しくユーザーに伝えることを目的としています。
例えば、スイッチ類ひとつとってもメーカーによって名称が違ったり、同じ車種でも年式で内装や機能が若干変わったりするんです。
今流行りのテンポ良く活発な内容とは程遠いですが、そういった細かい部分の情報をいかに正確に伝えていくかを追及し作っています。

ユーザーはこの動画を観てクルマ選びをするので責任重大ですからね!

※ 撮影者と助手で役割分担をし、効率よく撮影を進めていく

スタッフトークイメージ3

撮影で苦労した点はありますか?

Kouichiさん 夏の暑さです!
特に展示車両などは燃料があまり入っていないので、エンジンをかけることを控えなければなりません。ですので暑さから逃げることができません。。
また、中古車販売店の場合だと車両と車両の間が狭く、撮影スペースが確保し辛くなっていて外観撮影のアングルなどは苦労します。。
雨の日の撮影は大変ですね。前日が雨だと車両を拭くところからスタートするので撮影時間が大幅にズレたりしますね。。リスケジュールも大変なのでどしゃぶりでもない限り撮影は続けますよ(笑)

あとは、撮影ではクルマをお借りしているので、当たり前ですが汚れや傷をつけないことに万全の注意を払っています。例えば、腕時計を外すようにしているなどです。

(写真↓ 天候が悪化すると撮影に支障が出るので自然と小走りになることも。このあとスコールが。。)

スタッフトークイメージ4

今後の動画コンテンツについてKouichiさんの夢や構想はありますか?

Kouichiさん 撮影技術のところで言うと、セグウェイを靴に直接装備できたり、もしくは靴がセグウェイのようになったら、、、さらに浮いたり空を飛べるようになったら、、、それを活用してクルマやバイクが走っているところを追いかけて撮影したり、高層ビルくらいの高い所なんかも撮影してみたいです。(高所恐怖症だけど。。。)
ドローンの場合、機体と画面の両方を見なければならないけど、撮影しているヒトと乗り物が一体になれば、画面にだけ集中できるし、自分の目で見たものや景色がそのまま映像化できる。
撮りたい画を自分で探しながら取れるといいな♪

Kouichiさんの制作動画はコチラ↓↓↓










(取材/文・撮影:福田 聡樹(ふくだ さとき))

ページトップへ戻る