アースデイ沖縄2022|Earth Day Okinawa2022 CYCYも参加したので覗いてきた【FUKU LAB】

REPORT
2022.04.22

こんにちは。福田です。

地球環境について問われている昨今。個人も企業も持続可能な社会作りについて考える機会が増えてきたと思います。

当社プロトソリューションも、カーボンニュートラルを目指す取り組みの1つとしてシェアサイクル事業『CYCY』をサービス展開しています。

自転車のシェアサービスにより、交通渋滞の緩和によるCO2排出削減、更には地域観光産業の活性化をミッションとして取り組んでいます。

そこで今回、エンターテインメントと学びを「沖縄」というキーワードで結びつけ、食、音楽、コミュニティ、ボランティア活動を通し、社会貢献をしながら楽しめるイベント「Earth Day Okinawa2022」にて、CYCY臨時ステーションを設置することとなりました!

イベント会場のパレットくもじに福田が潜入してきました。

もちろん、感染対策はしっかりね。
Earthday Okinawa2022ガイドライン

■Earth Day Okinawa2022の会場

4月15・16・17日の3日間限定で開催された「Earth Day Okinawa2022」は、複数のイベント会場で行われました。

まずはメインであるパレットくもじ1階広場へ。

パレットくもじに到着

会場は、平日と思えないほど賑わいを見せています。

やはり皆さん、環境についての関心が高いんですね。

イベント客で賑わうパレットくもじ1階広場

イベントの開始まで時間があるので、CYCY臨時ステーションを覗いてみる。

■CYCY臨時ステーションで新型車両をチェック

パレットくもじのオシャレなタイル床にステーションが設置されている。

背景のグリーンもGood◎

どうやらCYCYのメンバーはここにはいないみたい。

先日、新しい自転車を90台導入したそうなので、メンバーを待っている間に新型車両をチェックしてみる♪

モニターが大きくモデルチェンジされています。
旧モデルと比べると全体的に見やすくなっています。押せるナンバーが増えていますね

私はよく利用していた旧デザインに愛着がある

ナンバープレートも吊るすタイプから固定タイプに変更されています。

これならバックパックが引っかからなくて良いね

カゴの形状も変わっています。

容量は以前より大きく、そしてメッシュの間隔が狭くなり中身が見えにくくなっている

これ、気付く人いたかな?

タイヤが細くなっていますね!

左が旧タイプ、右が新タイプ

新旧並べても遠くからだと違いは分からないですね!

でも新タイプにはメッキパーツが増えたかな~という印象。

ドレスガードにはCYCYのロゴ入り!

icon_cycy


icon_cycy


株式会社プロトソリューションが2019年10月より開始したシェアサイクル事業です。ICTを活用し、地域に根ざしたシェアサイクル事業を行うことで、観光客の利便性向上を図り、交通渋滞緩和、環境への配慮を目指します。なお、本サービスは、OpenStreet株式会社が提供する自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」を活用して行います。

沖縄のシェアサイクル CYCY(サイサイ)の利用方法はこちら


CYCYメンバーが現れるまで、会場でラジオイベントでも見てこよう。

パレットくもじ1階広場では人が集まってきています

「あっ!!!!?」

紛うことなき佐々木さんです

「キターーーー!!!!」

遠くからでも分かる長身のフォルムは、CYCY事業責任者の佐々木さんですね。

フッフッフ、、、見られているとも知らずに、無邪気なものよ。

利用頻度の多いステーションでは、メンバーによる自転車配置を行う

CYCYのステーションは那覇市内だけでも32箇所あります。

なかでもモノレール近辺のステーション利用が多く、公共機関と組み合わせて使うと移動がスムーズ。

渋滞や駐車場問題といったストレスから解放され、利便性に優れたサービスといえますね!

icon_cycy


icon_cycy


株式会社プロトソリューションが2019年10月より開始したシェアサイクル事業です。ICTを活用し、地域に根ざしたシェアサイクル事業を行うことで、観光客の利便性向上を図り、交通渋滞緩和、環境への配慮を目指します。なお、本サービスは、OpenStreet株式会社が提供する自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」を活用して行います。

沖縄のシェアサイクル CYCY(サイサイ)のステーション情報はこちらから


事業推進室の玉城さんがのぼりを持ってきてくれました!

ステーションはメンバー皆で作っていくのです

CYCYの利用者は結構いて、沢山の方が借りていったり返却に来たりと、臨時ステーションでも利用客は止まりません。

CYCYが地域の方にとって役に立っているのは嬉しい!!

乗り方が分からないときは利用方法を教えます

icon_cycy


icon_cycy


CYCYを設置してみませんか?運営パートナーを募集しています。
使われていない小さなスペースを利用して、ステーションを設置することが可能です。
店舗への訪問機会の増加による地域活性化にも繋がります!
「やってみようかな?」「興味がある!」というかたは気軽にご連絡ください

沖縄のシェアサイクル CYCY(サイサイ)の利用方法はこちら


■サステナブルな『まーさんマルシェ』を歩く

イベント会場付近には沢山のお店が出店している

4月とは思えないくらいの気温と会場の熱気で喉が渇いてきました。

休憩がてら何か飲み物を探す。

まーさんマルシェでは、有機農家さんたちや県内の飲食店が集まり、添加物・化学調味料を使わない食品や料理を出店。地産地消に貢献するサステナブルなマルシェとなっている。

アイスコーヒーで喉を潤す福田 汗ヤバ;

休憩していると、別のメンバーが合流。

こちらも事業推進室の平良さん。

平良さんは明日のEarth Dayに参加。今日は応援に来てくれました!

どうみても“一般の方”にしか見えない 注)CYCYメンバーの一人です

■トークイベントへ参加

プログラムも進行し始めたので、福田はお目当てのシンポジウムへ参加。

会場が離れていたので焦った;

「PRで創るサステナブルビジネス」と題し、広告の本質と使命、社会課題の解決といった意味でのパブリックリレーション(PR)についてディスカッション。

効果的なPRについて考えたときに、「企業と個人が商品のストーリーを語れるか?」という疑問を投げかけていた。

うーむ、、、自社の商品について“点”でしか考えていなかったことに反省。今後、自身の活動のヒントになりました。

最後は音楽LIVEでイベント初日が終了。

■まとめ

Earth Dayは1970年の4月22日に、たった一人のアメリカ人学生から始まったそうです。

その理由は「母の日や父の日があるのに、地球の日がないなんておかしい」と思ったから。

その後アメリカ中に口コミで広がり、地球環境について個人個人が感じたことをアクションするという活動になったようです。(インターネットやSNSの無い時代でこの影響力は凄い!!)

現在ではコンピューターで未来予測が出来るようになってきましたので、環境に関するアクションも具体的になってきました。
とはいえ、自分事として活動していくのはハードルが高いですよね?

地球について、環境について楽しみながら学び、それが地域・社会貢献に繋がるのであれば、第一歩を踏み出すのはそれほど難しくないかもしれません。

こういったイベントは気軽に参加できるのでオススメです。

福田も環境について意識改革されましたので、イベントで得た知識と体験を自身の生活に活かしていきたいと思います!

さて、今日4/22は『Earth Day』です。

未来のために出来ること。

あなたのアクションを創る日(Earth Day)にしよう^^

icon_carboncredit

icon_carboncredit

関連記事

カーボン・クレジットって何? プロトソリューションが脱炭素への取組みをスタート!
地球温暖化、海面上昇による沿岸災害、豪雨や台風といった異常気象、これら全ての原因は私たちが暮らす中で発生する“温室効果ガス”の影響による・・・

icon_福田

icon_福田

この記事を書いたひと:福田 聡樹(ふくだ さとき)

株式会社プロトソリューション Webマーケティング部所属。自社ホームページ編集長。ブログ/インタビュー/動画などのコンテンツを使ってプロトソリューションの取り組み、サービスやタレント情報の発信をしています。
好きなもの:爬虫類全般、犬全般、本のにおい。


ページトップへ戻る