会社で初めてのデータサイエンティスト育成インターン生を受け入れた話

NEWS
2021.04.21

みなさん、こんにちは!初めまして!!

株式会社プロトソリューションでデータサイエンス領域を担当しております、AIテクノロジー推進室 東京の宮下と申します。

今回は、 AIテクノロジー推進室 東京(※以下ATT)でプログラミング未経験の学生をインターンという形で1ヶ月間の受け入れを実施した内容をご紹介いたします。

データサイエンティスト育成インターン生受け入れの背景

社内で「エンジニア採用強化」を掲げており、向上心のある学生を受け入れることで、社内の活性化や教育体制の強化を図ることを目的として、受け入れを行うこととなりました。

2月頃突然、弊社の役員から「ATTでインターン生を受け入れてみないか」という話をいきなり言われました。もちろん承諾はしましたが、あまりにも突然だったので、ノータイムで返事してしまいました。笑

てっきりインターン生のメンターだけかと思っていたら、採用の段階からお願いとのこと!(まさかの大役にドキドキです!)

インターン生受け入れに伴い、内容を相談している2名 (左から 喜多村、宮下)

データサイエンティスト育成インターンシップの内容

データサイエンティストとは何かを知り、どのようなスキルが必要かをOJTを通じて学ぶ。また、データ分析コンペであるKaggleで自身の書いたスクリプトを提出するまでをインターンのゴールとしました。

以下実施したことを時系列の順番で書いていきます。

1.説明会迄の準備

<実施したこと>
・学生さんへの周知メール
・資料の作成

プログラミング未経験者が多数とお聞きしていたので、データサイエンティスト・AIとは何か?AIで何が出来るの?といったイメージしやすい資料の作成を実施しました。日頃はデータでの説明が多いので、久々の資料作りも楽しめました。

2.説明会当日

<実施したこと>
・インターンのカリキュラム説明

初回説明にはなんと!10名参加して下さいました。(オンラインです)

説明会の内容としては、インターンのスケジュール及びカリキュラムについて説明を行いました。学生さんの多くは起業したいという考えの方が多かったので、真剣に聞いて下さっていました。また、学生さんからは「勤務体系」「カリキュラムの内容」などといった幅広い質問があり、有意義な説明会を行うことができてホッとしました。

3.選考日までの実施内容

<実施したこと>
・アンケートの回答

初回説明終了後に、選考案内をしました。初回説明に参加していただいた10名全員が残っていただきました!ものすごく感激しました!

4.選考

今回は2名の学生さんをインターンとして採用いたしました。

5.受け入れ

<実施したこと>
・SQL / Python各種ライブラリの説明
・Kaggleのコンペに挑戦

プログラミング未経験者に指導するという事だったので、右も左も分からない状況でいきなりあれやってほしい〜これやってほしい〜というのはあまりにも残酷であるので、先ずはデータサイエンティストの土台となる知識を身に着けてもらいたくSQL,Pythonの基本操作の説明・基本的なコードを書くことなどを実施してもらいました。都度分からない点を解消しながら進めていきました。

予想以上に吸収力が高かったので、Pandasというライブラリを使いながらデータの加工や前処理等も学んでもらうことになりました!
ある程度出来る用になった段階で機械学習の基礎(回帰・分類)の手法に挑戦してもらいましたが、理解が追いついていなった事が多々あったので、機械学習の解説等を私達で行い、知識の再定着化を図っていきました。

最終課題としてKaggleのコンペに挑戦させてみました!!お題は「住宅価格予測」です。
今回のコンペに取り組んでもらった理由としては、3つあります。
ⅰ:今まで行ってきたAidemyの総括
ⅱ:モデル作成迄のデータ処理の一連流れを習得
ⅲ:住宅価格予測はある程度重要な要素を自ら選定出来る為

いきなり1からモデル作成は難しいと判断したため、最低限を以下2つのアドバイスしました。

①:モデル作成の流れ
②:特徴量の選び方

②に関しては、モデルに影響を及ぼすの重要な要素になるので、技術的な部分ではなくどのようなデータだったら影響を及ぼすのかを考えさえることにしました。

ex) 家賃に関わる重要な要素:築年数・広さ・都道府県市区町村・駅からの距離etc…

アドバイス後は自身で説明出来る特徴量を抽出してもらいました。

約1週間コンペに対して、試行錯誤してやった結果、ベンチマーク以上のスコアを2人とも出すことができました!

本当によかった!!!学生もATTとしても良い結果となってくれて本当に嬉しいです!!

これにて1ヶ月間のデータサイエンス育成のインターンが終了となりました。

データサイエンティスト育成インターン受け入れへの感想と今後の展望

インターン第一号という事で、記念写真を撮りました!(以下、写真です)

1ヶ月間休まず来てくれたので、会社から「SQL入門書」を贈呈いたしました!!本当にお疲れさまでした!

今回の経験を基に大学生活を励んでいってほしいと心から願っております。

左から 宮下,H・Aさん,Y・Nさん,喜多村(ATT)


今回受け入れに辺り、大学の関係者様・社内の皆様には本当に感謝しております。

ここまでスムーズに進んだのも、皆様のフォローがあったからこそ、最後迄やり通せたと思っております。誠にありがとうございました。

募集要項

募集要項

ATTは現在2名で仕事をしており、データサイエンティストを募集しております。 主な仕事内容はこちらから。

AIエンジニアを募集!国内最大級メディアのデータを活用したAI開発!

qiita_icon

qiita_icon

今回インターン生のKaggleコンペでのソースコードは、こちらのプラットフォームにて5月上旬公開予定となります。気になった方はチェックをお願いいたします。

インターン生のKaggleコンペでのソースコード

今後も学生さんを受け入れてインターンを実施する予定でいます。

具体的には、短期ではなく長期で受け入れる体制に構築し、実業務にも触れる機会を増やす事で就業経験をより濃く体験出来るようにし努めて参ります。

記事をみて少しでも興味持った方は引き続きチェックの程お願いいたします!!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!!!

ページトップへ戻る