挨拶をしなくなる会社って……?

REPORT
2020.08.19

皆さんこんにちは!ハロープロジェクトの島尻です。

今日も元気な挨拶していますか??

ハロープロジェクト(略してハロプロ)とは、 多くの挨拶が自然と飛び交う会社を目指して発足された社内プロジェクトのことです。

挨拶は信頼を測る物差し

今回は、僕が好きなテレビドラマ(某局のH沢N樹)を見ながら「ハッ」と気付かされた 言葉があったので、紹介しようと思います!

待望していたドラマの続編ということもあって毎回楽しみに見ているのですが、 ドラマのなかで毎回出てくる名言には考えさせられるものがあります。

今回見たお話では、

「倒産する会社は社外の人にも挨拶をしなくなる」

という名言でした。

これは、社外の人へ挨拶をしなくなるのは、従業員が自分の会社や仕事に対して自信と誇りが無くなっているから挨拶をしなくなるというものでした。

特にビジネスシーンでの挨拶は、「安心して仕事を依頼できる会社なのか」「長い付き合いができる会社なのか」 を簡単に測れる物差しとも言われています。

つまり、会社で挨拶ができない=信用できない人=信用できない会社

という風に解釈されてしまします。これでは会社の存続も危ぶまれますよね。

挨拶は信頼に繋がる第一歩なのです

挨拶の重要性を再認識

挨拶は何回おこなっても減るものではありません。とはいえ挨拶が返ってこない人に挨拶をし続けるのは正直気が引けますよね。

多くの職場でも挨拶は重要視されていて、ヒトとすれ違う時の「おはようございます」 「おつかれさまです」という一言だけで日頃のコミュニケーションが簡単にとれるようになります。 恥ずかしい気持ちもあると思いますが、挨拶ひとつで職場環境や雰囲気が大きく変わりますので、 自分から挨拶がなかなかできない方は、まずは挨拶返しから始めてみるといいかも知れません!!

笑顔で挨拶をすると、きっと相手も笑顔で返してくれます! 明るく元気な挨拶で、明るい職場をみんなで作っていきましょう!

ハロープロジェクト:島尻 純平(しまじり じゅんぺい)

ページトップへ戻る