お盆休みは自宅派?外出派?コロナ禍での休暇の過ごし方

REPORT
2020.08.06

こんにちは。編集部の福田です。

そろそろお盆休みがやって参りますが、皆さんは休暇をどう過ごされますか?

密を避けてのお盆休みって、今までにないことですので悩まれている方も多いのではないかと思います。

実家へ帰省するにしても両親への感染が怖いですし、GOTOキャンペーンを利用するにしても、3密を避けながらの利用だと思い切り楽しめなさそう……。

ということで、コロナ禍でも充実した休暇の過ごし方をご紹介!

お子さまがいるご家庭でも、家族で楽しく過ごせる内容になっています♪



目次

休暇の過ごし方<自宅で過ごす派>
休暇の過ごし方<外で過ごす派>
まとめ

休暇の過ごし方<自宅で過ごす派>

「外出禁止!」といった強制力はないものの、世の中は自粛ムード。

休暇を自宅でゆっくり過ごしたいならこちら。

1.普段作らない料理に挑戦

「普段から料理を作らない」と言う意味ではないですよ^^;

普段なかなか作らないレシピに挑戦ということです。

忙しい現代では、家事もパパッっと済ませがち。休暇を利用して新しい料理を学ぶのもいいですね♪

子供といっしょにケーキやお菓子作りをしても楽しそうです。 休暇を使って料理のレパートリーを増やすチャンスです◎

icon_巣ごもりの食

icon_巣ごもりの食

関連記事

巣ごもり生活に彩りを。
ネットスーパーとシェアサイクルを生活に取り入れ、健康的で楽しい時間を過ごしてみる。

2.まったり映画鑑賞

家で過ごす定番ですが、今まで忙しくて時間が作れなかった方にはこれが一番ゆっくり過ごせる方法でしょう。

撮り溜めていたドラマをひたすら観るのも良いですが、昔の名作映画を観てみるのも良いでしょう。子供といっしょにアニメを観るのもいいですね!

最近では大人も楽しめるアニメが沢山出ていて、思わず家事を止めて観てしまったり(笑)

3.ゲームで遊ぶ

「e-sportsでプロゲーマーになる!」

現代の子供たちの中にもこういった夢をもっている子がいるでしょう。

ゲームでお金を稼ぐというハードルが昔に比べ下がってきている時代なので、世の中のママ&パパもゲームに寛容になってきたのではないでしょうか?(え?そうでもない?)

子供と一緒に『あつもり(あつまれどうぶつの森)』をプレイして、コミュニケーションを築くのも良いですね。自由度の高いゲーム内容になっているので、普段子供が何を考えているのかが、案外『あつもり』でわかるかも♪

4.オンライン学習(eラーニング)でスキルアップ

まとまった時間が取れる休暇を、自身のアップデートに有効活用する過ごし方もありですね!

オンライン授業やウェビナーへの参加は、今では当たり前の学習方法になっています。

リアルタイム配信では、音声通話やチャットを使って質問ができるのが魅力です。録画配信は空いた時間に受講することも可能なので、自分に合った方法を試してみると良いですね^^

5.ベランダで疑似アウトドア

最近流行っているのが『ベランピング』といって、自宅やマンションに居ながら楽しめるアウトドアのことです。(ベランピングとはベランダ+グランピングの造語)

「本当はキャンプに行きたいけど感染がこわいし…」と思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ベランピングなら感染を恐れることもないですし、子供たちも喜んでくれること間違いなし!

あくまでも自宅にいるので、となり近所には配慮して楽しみましょう!

休暇の過ごし方<外で過ごす派>

3密を避けながらアウトドアを楽しみたい! 休暇を外でアクティブに過ごしたいならこちら。

1.サイクリングで新たなスポットを開拓

シェアサービスを利用すれば気軽にサイクリングが楽しめます。運動不足もこれで解消!

サイクリングの魅力は、自転車で走ることで新しい発見があることです。そして、自由に移動できて自由に休めるのもサイクリングの良いところ。

クルマでは見過ごしていた場所に立ち止まって、新しいスポットを開拓しましょう^^

意外と汗をかくので、水筒を持参するなど熱中症対策も忘れずに!

icon_cycy

icon_cycy

関連記事

沖縄でシェアサイクルならサイサイで!
CYCY(サイサイ)は、必要な時に自転車を借り、目的地付近で返却できる自転車のシェア(共有)サービスです。いつでも、どこでも、スマホがあれば簡単にご利用可能です。

2.シュノーケーリング/ダイビングで非日常を愉しむ

少し遠出して開放的な海へ♪

シュノーケリングはシュノーケルマスクがあれば特別な道具は要らないので、気軽にはじめることができます。色鮮やかなサンゴや魚の群れを眺めたり、浅瀬の岩場を探検したり、マスクを付けて浮いているだけでも、非日常の世界が楽しめるのでオススメです。

ダイビングはレンタルサービスを利用すると便利です。潜る頻度が少ない方はレンタルのほうがコスパが良いですね。個人で潜るにはライセンスが必要なので、ライセンスの無い方は体験ダイビングを利用すると良いでしょう。ダイバーさんが丁寧に教えてくれますよ♪

3.サマーキャンプで大自然に触れる

アウトドアと言えばキャンプ。都会の喧騒を忘れて大自然を感じるにはもってこいの過ごし方です。テントの設置や、釣りなどを子供と一緒に楽しんだり、ソロキャンプで焚き火を眺めながら自分を見つめ直してみたり……。

夜は草むらに寝転がって星を眺めると、自分がどこにいるのか一瞬わからなくなるくらい不思議で神秘的な気分になります。

4.ハイキングで五感に刺激を

ハイキングは「山を登る」「山を探索する」ことが目的ですが、それだけでかなりの非日常感を味わえます。人の手が加えられていない道や、何十年もそこに存在している木々、都会では聞かない野鳥のさえずりや小川のせせらぎなど、ハイキング中はずっと五感を刺激されまくり!

山の頂上到着したときの感動と達成感は登った人にしか分かりません。

ハイキングで新しい感性が芽生えるかも♪

まとめ

自宅で過ごす派は、オンライン学習でスキルアップをしたり、家族でテレビゲームをするなど、家ならではの休暇を。外で過ごす派は、自然を感じながらアクティブに、感性を養い新しい自分を発見できる休暇になりそうです。

自宅と外どちらで過ごすとしても新しい生活様式は基本として、手指消毒、マスク着用、社会的距離の確保は忘れずに行いましょう。

それでは、充実した休暇をお過ごしください^^

icon_福田

icon_福田

この記事を書いたひと:福田 聡樹(ふくだ さとき)

株式会社プロトソリューション Webマーケティング部所属。自社ホームページ編集長。ブログ/インタビュー/動画などのコンテンツを使って、プロトソリューションのサービスやタレント情報を発信しています。
好きなもの:爬虫類全般、本のにおい。

ページトップへ戻る