在宅勤務・リモートワークで成果を出すには?

REPORT
2020.04.07

巷では新型コロナウイルスの影響でリモートワーク導入の企業が急増しています。
導入して間もないと、慣れるまで上手くパフォーマンスを発揮できないのでは?という心配や、
上司からは「ちゃんと仕事しているのか?」と思われないか、といった不安が出てくると思います。

本論の前に「リモートワーク」と「在宅勤務」の言葉の違いをカンタンに説明します。

・リモートワーク⇒会社以外の場所(遠隔)で働くこと
・在宅勤務⇒自宅で働くこと

いま、世の中的に外出自粛ムードということもありますので、『在宅勤務』という言葉を使って話を進めていきます!

この記事では、在宅勤務できちんと成果を出すためのポイントを解説していきます。
会社以外の場所で働くといった環境でありがちな落とし穴も書いていますので、在宅勤務になったときに気をつけること、また既に在宅勤務をしているという方にも参考になる内容となっています!



目次

ポイント1:環境を整える
ポイント2:簡潔なコミュニケーション
ポイント3:セルフマネジメント 自分を律する
まとめ

環境を整える

ポイント1 環境を整える

在宅勤務を導入するうえで基盤となる環境構築は、在宅勤務で成果を出すための絶対条件となります。
これは個人で気をつけるには難しいかも知れませんが、基本の「き」ですので書いておきます。

もともと会社が、在宅勤務へ切り替えていくという計画があったなら分かるのですが、今回の様な緊急事態や災害時といった影響で突発的に在宅勤務を導入するとなると、インフラ周りでのトラブルが出てきます。例えば自宅に設置したPCから「会社のローカル環境にアクセスできない」「ネットワークが繋がらない」といったものです。
そうなると、業務が止まったり、結局は出社することになったりと、余計な工数がかかってしまい生産性が落ちてしまいます。
そうならない為にも、業務で使用するデータはクラウド上の共有ドライブへ格納する、何かあった場合のエスカレーションフローを事前に決めておく、などある程度マニュアル化しておくことが大切です。

もちろんこれは今回の新型コロナウイルスに限らず、会社側が事業継続計画として平常時に取り決めておくべきですね。
これを機にBCPを見直す企業も増えたのではないでしょうか。

簡潔なコミュニケーションをとる

ポイント2 簡潔なコミュニケーションをとる

実際に在宅勤務になると、隣に人が居る訳ではないので自然と会話をすることが減ってきます。
分からないことを気軽に聞ける環境ではなくなりますし、その場に居るだけでの情報収集(周りの話が耳に入ってくる)も当然なくなります。

また、私たちは対面の場合、相手に細かく説明しなくても表情やニュアンスでその内容が相手に伝わったりすることがあります。逆に言うと、顔が見えない状況では、文章やイメージといった非視覚的による情報収集がメインになるので、より高度なコミュニケーション力が必要になるということになります。

在宅勤務になることで雑になりがちなコミュニケーションですが、メールやチャットといったコミュニケーションツールを使う際は、相手に伝わる様な簡潔な文章を意識するようにしましょう。

そして、上司やチームメンバーへの進捗報告をこまめに行うことも、在宅勤務で成果を出すポイントのひとつです。
在宅勤務はチームメンバーとオンライン上で繋がっていますが、皆それぞれ孤独な環境でもあります。

特に、プロジェクトを複数人で進めているチームは、「チームで動いている」という連帯感を自分たちで作っていく必要があります。それぞれが離れて仕事をしているからこそ、コミュニケーションツールを使いながら積極的にコミットしていくことが重要になっていきます。

セルフマネジメント 自分を律する

ポイント3 セルフマネジメント 自分を律する

在宅勤務で陥りがちなのが、仕事とプライベートの境界線があいまいになるということではないでしょうか。
ここで話したいのは『サボる』ということではなく、なんとなくやる気が出ない、自宅に居るせいで集中力が持続しないといったものです。

これは、普段会社に出勤することでスイッチが『オン』モードになり、適度な緊張感を保ちながら業務をするという私たちの習慣からきているものだと思います。

では、どうしたら集中できるか?

それは、在宅勤務の場合でも自分なりのスイッチを作れば良いわけです。

もしかして、朝起きて顔も洗わず寝グセのパジャマ姿でPCの前に座っていませんか?
自宅とはいえ勤務時間ということを忘れないためにも、例えば男性ならヒゲを剃る、女性なら薄化粧をするなど、自分なりのスイッチを入れる方法を決めておくと良いですね。

他にも自宅ならではの集中力アップの方法として

・BGMを流す(歌詞がないInstrumental系がオススメ♪)
・ブドウ糖が入ったお菓子を食べる(チョコやグミなど)
・体操をする

などがあります。

どれも会社では出来ないですが、自宅だと取り入れやすいですね^^

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

最後にもう一度おさらいです。

在宅勤務で成果を出すためのポイント3つ

・ポイント1 環境を整える
・ポイント2 簡潔なコミュニケーションをとる
・ポイント3 セルフマネジメント 自分を律する

在宅勤務になったことで、朝はギリギリまで眠ることができたり、人と対面で接することのストレスが軽減されたりと一見良いことばかりに思えますが、それがそのまま業務の効率化や生産性の向上には繋がりませんし、もちろん成果にも繋がりません。

自宅というプライベートな空間だからこそ、今まで以上に時間管理やタスクの整理、良質なコミュニケーションが必要になってきます。何よりそれらを行う自分自身をマネジメントすることが、在宅勤務成功の肝になってくるのだと思います。

この記事を書いたひと:福田 聡樹(ふくだ さとき)

Webマーケティング部所属。WebディレクターとしてBPO、自社ホームページのディレクションを担当。
休日はよくカフェで過ごしています。ロカロカにも投稿中♪

ページトップへ戻る